みゆき農園きたー!

金沢のみゆき農園より美味しいリンゴが届きました。

 

 

コンポートとかアップルパイにしたら最高ですよ。


古典料理の会 その2

古典料理の会、続きです。

 

二品目のダブルコンソメスープまで書きました。

 

そして、三品目は

 

平目のポワレ、キャビア添え 彩り野菜とサフランソース

 

 

 

今時なかなか見かけない彩りのソースですね。笑

 

 

自分がまだ料理人だた頃、料理本に載っていた基本ソースのひとつです。

 

クリームソースにサフランの香りと色、そして味わいと懐かしいソースです。

 

地味に平目の下に敷いてある野菜のがまた、いいです。

極め付けに平目の上のキャビアが輝いています!!!

 

昔からキャビアはフレンチに欠かせない食材でしたが、近年では値段が高騰してなかなか見なくなりましたね。

 

この料理に合わせるワインは写真の後ろに写っているように黄金色のシャルドネ!

 

1987年 ムルソー シャルム ポチネ アンポー 

 

熟成ブルゴーニュ

 

これはまさにマリアージュの言葉がピッタリな取り合わせでした。

 

そして、メイン料理はこちら

 

 

ウズラの詰め物のロースト、マデラソース

 

 

ウズラの中はこんな感じです。

 

 

詰め物は季節で栗とマッシュルームのリゾットが入っています。

 

しっかり焼きあがったところにマデラソース

しかも、普段はあまりやらない濃度をしっかりつけてあるのでウズラによく絡みます。

 

そして、今は見かけない別皿でサラダ!!!

 

この白い皿にウズラ一羽にソースのみの盛り付け痺れました。

 

ワインは2006年 ヴォーヌ ロマネ マルタン ノブレ

 

まだ、言葉が必要ですかこのペアリング

 

ただただ、お客様が羨ましい。。。

 

 

次はフロマージュ秋バージョン

 

 

右のトロトロ

 

ラミ デュ シャンベルタン

 

気合いの1ヶ月熟成。賞味期限とかは見たことありません。美味しく食べれるのが食べ頃です!

 

意味はシャンベルタンの友。。。本日は日本酒の友になってもらいました。

 

宗玄 純米大吟醸 玄心

 

 

これは隊長イチオシの合わせ

 

 

最後、お待ちかねのデセール フルーツグラタン

まーネーミングから大体わかるよー、と思ったそこのあなたこれを見てください。

 

 

 

はい、そのままです。

 

フルーツはリンゴ、洋ナシ、キウイ、バナナ、オレンジ、グレープフルーツ、フランボワーズ

7種類のフルーツを入れてその上から豪快にカスタードベースのサバイヨンソースを掛け

オーブンで軽く焼き、上に焦げ目をつけました。

懐かしの味、小さい頃、特別な日にこんなに少しじゃなくて浴びるほどもっと食べたいと願うほど好きだった味がします。

 

合わせるワインは

 

2011年 アルザス エンゲルガルデン マルセル ダイス

 

天使の庭と名前がつくこのワインはアルザス品種のブレンドワインです。

それぞれの品種の果実の旨味が押し寄せる味わいと、色々なフルーツの味とカスタードの甘みが綺麗に絡みあって

あー幸せと言いたくなる味わいです。

 

長々と書きましたがこのような会を挑戦してみました。皆様の反応はとてもよく、楽しんで頂けたご様子でしたので

二人で安心したのと共に調子にのってまた次回も何か出来たらいいな〜と話っています。

 

今回は初めての挑戦でしたので一部のお客様のみで行いましたが

今後はここで告知していこうと思いますので宜しくお願い致します。

 

そして、最後にこちら

 

 

本日の賄い、古典料理の会で余韻に浸りながらも食べてないメニューがあるとブーブー言う私を黙らす特別メニュー

 

 

最高に美味しかったです。

 

あ、一応こちらも

 

 

 

次回をお楽しみにしてください!!!

 

 

 


古典料理の会

皆様、やっと雨の9月を抜け出し秋らしくなってまいりました。

 

秋、冬と食材が色々入ってくる季節になってまいりました。

 

回写真多めなので本題です。

 

10月10日の祝日にモワルーズ初の試みでした。

前々から色々なお客様から言われていました。

 

隊長が作るクラシック料理が食べたいと!

 

なのっでやってみました古典料理の会。

 

今回はクラシカル料理のコースです。

 

メニューは熟考の末、こちら

 

 

メニューだけではあれなので、こちら

 

 

 

 

フォワグラのショーフロワ、ポルト風味 ビーツのサラダ添え

 

フォワグラ丸ごとを低温で火を通し、上からポルトのソースをまんべんなく掛け、冷蔵庫で冷やしてと10回以上この工程を繰り返して出来上がったフォワグラテリーヌ!!!

 

あ、出来上がりの丸ごとフォワグラ写真忘れた!とても芸術的でした。

そして、大人気だったビーツのサラダとフォワグラにももちろん合うのですがパンに抜群の相性をみせたいちじくのジャム

 

そして、合わせたワインがシャンパーニュの造り手が造る濃厚なスーパーロゼ

今回、ワインが主体ではないので細かい事は書きませんが良く合っていたと自負しています。

 

そして、二品目 

 

 

 

ダブルコンソメ

 

 

この会の発端にもなった最高にシンプルなコンソメスープ

 

普段メニューのスープがとても人気があり、そんな隊長のコンソメスープが飲んでみたいと、言う熱いご要望がたくさんありましたので、今回の会には外すことのできないメニューでした。

 

水、牛すね肉、最低限の玉葱、人参、セロリ

 

これだけです。

 

ただ、手間と時間はすごく掛かっています。

 

普通、コンソメを引く時にはチキンブイヨンを入れ、はじめから旨味を足して作るのですが

今回は水のみからです。

 

細かい手順は省きますが食材を混ぜて沸騰してからコトコト8時間。コンソメスープ

 

次の日に前日出来たコンソメを水のかわりにして同じ工程を8時間。これでダブルコンソメスープ

 

しかし、隊長

 

味に納得かいかなかったのでもう一日追加でダブルコンソメを使って8時間。。。トリプルコンソメ???

 

凄まじく滋味深い味わい!!!

 

最高でした。

 

これに合わせるワイン。。。?  ありません。  はっきり言って何もいりません。如いて言えば美味しい水!

 

でも水じゃぁ〜〜ソムリエ、首になるのでここは日本酒です。

 

萬歳楽 純米吟醸 おんな川

 

これは合せた人にしかわからない世界でした。

 

決して味を高め合うマリアージュではなく、同じ丁寧に造り出された最高傑作が共存しステージに立っているような感覚でした。

自分で選びましたが、いざ合わせてみると初めての感覚でした。

 

 

少しブログ長くなったのでここまでで続編は次回アップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今季初入荷!

今季初入荷しました。

 

三陸の生牡蠣!!!

 

 

大きさも丁度良いサイズです。

 

最低3個はイケますね。特製のヴィネガーソースと共に是非!!!

 


お店のメンテナンス

毎週日曜日はフロアのワックス掛けの日。

当店中隊長が丁寧に手掛けしています。

 

 

お客様に快適な時間を過ごしていただくための

重要な作業です。

 

キッチンも同様に清潔にしてますが

各種の道具のメンテナンスも重要なんですね。

鍋なども磨きこんで大切に使わなければいけません。

 

 

オープンから酷使し続けている鍋も

この先何十年と大切に使い続けていかなければいけません。

 

日曜日は業者さんの納品がないので

ゆっくりとお店のメンテナンスに時間を使っています。



PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

▼ホームページはこちら

モワルーズは2010年5月麻布十番仙台坂近くにオープンした13席の小さなフレンチレストランです。おいしいお料理と約300種のワインをご用意いたしております。
皆様のお越しをお待ちしております。

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

書いた記事数:448
最後に更新した日:2017/08/09

search this site.

others

mobile

qrcode